一穂の一歩 ~イチホノイッポ~

大学を休学して世界一周をした自分の人生の歩みを書いています。バイク・旅・山登りなどアウトドアから日常の一部を書いていきます。ぜひ見ていってください!

インド旅 12~13日目 ウダイプルからブージへ

3/6~3/7

ウダイプルからアーメダバードを経由して

僕たちはブージという

インド西部グジャラート州

電車で向かった12日目は1日丸々

移動日であった。

アーメダバードは滞在時間が短かったけど

ある意味インパクトの強い街であった

なんせ夜やのに人がめちゃ多いし、

ガスガスしてた!笑

f:id:IPPO:20190401181630j:image


f:id:IPPO:20190401181626j:image

駅では荷物を運ぶ人が頭に乗っけてる

のがよく見られる。

シンプルにすごい、笑

 

とくに何もなく、早くブージに行きたいと願う

俺ら2人は駅構内で座って電車を待っていた

 

ようやくきた電車で7時間

ぐっすりと寝て起きればブージに到着していた

 

 

 

f:id:IPPO:20190401182738j:image

着いたのは朝7時

フリースを羽織らないと寒くて震える

ぐらいの温度で太陽が昇るのを待っていた

今までで1番小さい規模のこの街は

英語がほとんど通じない、笑


f:id:IPPO:20190401182742j:image

けれども朝日はこのように美しい

こういう景色が見れるこの街はなんだか

もうすでに好きになっていた


f:id:IPPO:20190401182734j:image

朝ごはんは屋台飯

1プレート30ルピー(約45円)

カレーコロッケもどきが4つあり

それをパンに挟んで食べるのが

めちゃんこ美味しい、、、

屋台のおっちゃんに明日も来るねって

約束するぐらい美味しい店見つけてしまい

ました、、。笑

 

今日1日を使って

インドのウユニ塩湖と呼ばれる

カッチ湿地にバイクをレンタルして

みにいくことに!

 

f:id:IPPO:20190404094408j:image

こちらのスクーターを一台24時間

レンタルしてデポジット含めて

1500ルピー(約2250円)

初めてインドのカオスな道路を自分で

走るのは不安と楽しみ半々でした。

 

にへいは原付も乗ったことなかったから

めちゃくちゃ不安みたいでした。笑笑

2人でビクビクしながら発進

 

いざ走り出すと、ここはインドでも

田舎の方、

そんなに交通量が多いわけではなく

道もそんな悪くない。

これは走れる

 

f:id:IPPO:20190404094926j:image

この地図をもらい、ブージから

73km先のchrodoというところが

ホワイトデザート(塩湖)


f:id:IPPO:20190404094755j:image

天気は快晴

走りも快調


f:id:IPPO:20190404094834j:image

途中でサービスエリアに寄って

チャイで休憩、、、
f:id:IPPO:20190404094750j:image

道はずっと一本道

遮るものは何もない
f:id:IPPO:20190404094818j:image

もうすぐホワイトデザートが

近づいてくるんやと

気持ちが高ぶってくる

 


f:id:IPPO:20190404094823j:image

 

やっと着いた。

昼の1番暑い時間に着いたから

日がジリジリと肌を焼き、

塩湖から反射して眩しい光が

目に突き刺してくる

 

周りを見渡して地平線しかない

観光客なんてほとんどおらん

少し歩けば自分と地球の2人しかいない

空間になる(にへいおるから3人やけど)

 

この塩湖にもラクダ使いがいる

大抵の人は約3キロほどをラクダで往復するが

俺らはそんなお金はないが

体力は有り余っている

歩こう、と。

 


f:id:IPPO:20190404094828j:image

3キロ先はこの川が遮っていて

向こう岸に渡る人なんて

ほとんどいないそう

 

 

行ってみよう、と。

服を脱ぎパンツ一丁でこの川を越えると

お尻がヒリヒリする(水位は胸の高さ)

塩のせいやろか??

とか言うて笑いながら先へ先へ

約1時間半ほど歩いたら

土の山しかなかった。笑

 

何やこれ。

 

 

 

往復3時間あの1本目の川に帰ってきた時は

もう手持ちの水も残り僅か

食料もほぼゼロで2人ともヘロヘロやった

 

1本目の川をまた渡ってようやく戻った時に

インド人の観光客に言われた

衝撃の事実。

 

 

その川、

工場からの排水流れてるから

入らんほうがええで

 

 

あ、お尻ヒリヒリするんて

化学物質かい。

往復3時間歩いた俺らの疲労

この事実を知った恐怖感で

どこかへ行ってしまった。


f:id:IPPO:20190404094812j:image加工済

 

まぁ、この川を越えて見た景色は

行かんやつにはわからへんし

人生初の塩湖をこんなに歩いた

 

 

一片の悔いなし。

インド旅 11日目 ウダイプル Udaipur

3/5

朝10時過ぎまで宿でのーんびり

日当たり良いし

風通しもいいからなんせ朝が超気持ちいい

 

やっとのこさで朝昼兼用ご飯を食べに街中へ

歩いて約2キロの所にある

f:id:IPPO:20190329172148j:image

超オススメこのお店!!

 

ただ読み方分からん!!笑笑

ので一応地図(行く人用に)

f:id:IPPO:20190329172341j:image

なんと50ルピー(約75円)でThaliという

プレート料理

簡単に言えばナンorライスとカレーが

食べ放題!!

f:id:IPPO:20190329172810j:image

左からドライカレー

美味しいカレー

酸っぱい激不味カレー

豆カレー

生タマネギ

ナン、ではなく正確にはロッティ

 

これがドライカレー以外食べ放題なんです

どんどん持ってきてくれます。笑

最高ですわほんまに。

味も美味しい!!

生タマネギを心配する人もいるかもやけど、

これがまたカレーに合うのなんの

飽きないよう絶妙のアクセントになるんです

 

たらふく食って店を出てから

今日も1番の名所であろうシティパレス

には行かず、周辺の公園に行くことに

f:id:IPPO:20190329173209j:image

これはお世話になった

乗合リキシャー(トゥクトゥク)

目的地まではいかなくとも近くまで行けるし

安いので便利です!1人20ルピー(約30円)で

2、3キロ距離を稼げます。しかし人数は

パンパン!!

写真で見て運転席2人でちょうどいい所を

 

 

 

f:id:IPPO:20190329173539j:image

4人乗っちゃいます。笑笑

 

後ろの席もぱんぱん

俺なんて左肩はみ出してて車やバイクに

何度もぶつかりそうになりました。笑

さすがインド。乗車率はなんでもすごい。。

 

ついた公園でのんびりしてたら

現地の大学生が寄ってきてトークタイム

 

僕たちはその頃ニュースなんて全然

見てなかったので知らなかったのですが

パキスタンとインドがかなりの緊張状態

だったみたいで、、

その学生にもパキスタンには行くなと強く

言われました。ちょっと怖いです。

f:id:IPPO:20190329173957j:image

このように良くしてくれた人には

チェキをあげてますこの旅。

出会いを形に残してあげることで何か

またいい繋がりがあるといいな

 

さぁ今日もあっという間に時間が過ぎ

日没の時間が近づいてまいりました。笑

今日のサンセットはどこで見るか!!

ってことになり僕らが選んだのは

f:id:IPPO:20190329174313p:image

徒歩2時間(10km)を歩いて夕日を眺めようと

いう攻めの作戦でした。笑笑

最初はトゥクトゥク使って行こうとしてましたがなんせ遠い!!笑

交渉してもやはりドライバーも高値を

言うてきます。

ケチな俺らは歩くことを決心

そっからは一歩一歩を進んでいきました。泣

f:id:IPPO:20190329174707j:image

湖のそばを平井大をかけながら通り
f:id:IPPO:20190329174702j:image

途中ヒッチハイクで1kmほど稼ぎ!!嬉し!!
f:id:IPPO:20190329174720j:image
f:id:IPPO:20190329174657j:image

チャイで休憩し、
f:id:IPPO:20190329174712j:image

もう日が落ちてきて残りあと1km

力を振り絞りやっと辿り着いた

f:id:IPPO:20190329174931j:image

バディレイク。そこからの夕日は

ただ美しいだけではなく、やりきった

達成感も加わって2人とも来てよかった。

って心から言える気持ちになりました。

 

日も落ちきってやっと出てきた

宿に帰れるのか、という不安

歩いて帰れる、

わけがない。笑笑

 

ここは秘境スポットに近いらしく

観光客がほぼおらずいるのは

地元カップルのみ。

タクシーもなく残されたのは

ヒッチハイクのみ!!

半ば諦めながら親指を立てて歩いてたら

 

一台の車が停まった!!

 

なんと乗せてくれる!!

しかも宿近くまで、、。、泣

なんて優しいんやインド人

見ず知らずの変な外人2人を

乗せてくれるなんて

 

乗せてくれたのは地元の高校生カップル。笑笑

あれ?年下???笑

でもめちゃくちゃ気さくに話してくれて

俺らも普通に学生の友達ができて

楽しい車内の雰囲気やった!!

f:id:IPPO:20190329175615j:image

 

宿の近くで降ろしてくれて

f:id:IPPO:20190329175827j:image

ロマンチックなウダイプルの夜景を眺め
f:id:IPPO:20190329175821j:image

屋台飯を食べ

f:id:IPPO:20190329175836j:image

デザートには職人が作るラッシーを飲み

宿に帰るとクタクタで疲れ果て寝ました

 

ウダイプル、俺らには歩き回ったけど

その分出会いとかが多く

記憶に残る街でした。

 

 

インド旅 10日目 ウダイプル Udaipur

3/4 市内散策、サジャンガル動物園、

サンセットポイント

 

初の夜行バスで移動したこの日、

バスの寝心地は最高だった

2人が寝れる十分なスペースの

個室タイプになっていて

バスはガタガタ揺れるけど。笑笑

 

ウダイプル Udaipurは

Lake City “湖の街”

と称されており、その名の通り

街の中心地には大きなピチョーラー湖が

あります。

 

宿もその辺に取ったのでリクシャーと

徒歩で行くことに、

宿に近づけば近づくほど

街は狭くなり観光地感が高まります。

その湖に沿ってシティパレス ”宮殿”

があるので上品な感じもした。

f:id:IPPO:20190322233419j:image

f:id:IPPO:20190322233358j:image

建物は背が高く、取った宿も

4階以上あり、階段を登って登って

やって部屋についた。笑

部屋は過去1番広くて日当たりも最高

ホットシャワーも浴びれて最高の宿。

これが一泊2人で500ルピーなので1人

250ルピー(¥375)なのは満足。

地球の歩き方にも載っている

Jagat Villa guest houseというところです。

 

荷物を置いて

いざ、シティパレスへ!

 

ではなく、、

町外れにある動物園に行くことに。

 

実は街に行けばシティパレスや

建造物など素敵なんですけど

ちょっと飽きてきて、、。笑

自然に囲まれたいって思いが

2人に共通してありました

 

その一歩として街を1つ超えて山奥に

ある動物園へ

歩きました。笑笑

3.7kmをとことこ歩いて

途中の商店でチャイを飲み

地元の人と話をしたりして

 

ついた動物園

f:id:IPPO:20190322233449j:image

 

入園料がなんと1人302ルピー

学生料金はその十分の一の価格

というのだけ知っていたのでいけるもんだと

思ってましたが

地元の学生のみらしい。泣

 

愕然として俺らはチケット売り場の前で

30分くらいへたり込んでました。笑笑

受付のお姉さんになんとか行けへん??

みたいに話しても

申し訳なさそうに断られて、

もう少し粘ったらいけるかも!と

2人で考えてたけど甘かった、、、

f:id:IPPO:20190322233527j:image

諦めて帰りました。笑笑

 

そのままじゃなんとも寂しいので

サンセットポイントまでまた歩くことに!

動物園とは真逆の方向

しかも日没の時間もギリギリ

それても見たいってことで丘の階段を

必死に登りました。

f:id:IPPO:20190322233550j:image

 

最高に綺麗やった、、、

湖に映る夕日と照らされたシティパレスが

ロマンチックやった。

f:id:IPPO:20190322233545j:image

 

あ、帰りはしっかりロープウェイで

降りてきました。笑

 

でもそこで飲んだコカコーラは

格別の味。。

あんなにうまいコーラは知らん!笑

f:id:IPPO:20190322233725j:image

写真は撮ったもののよく考えたら

なんも需要がないですね。笑

でもこのコーラは自分たちには

最高の瞬間やった。

 

 

足がパンパンになった1日でした笑

 

 

インド旅 9日目 ジョードプル Jodhpur

今日の目覚めは8時半、、

目覚ましかけたん6時半、、

いや朝日見逃し、こりゃ誤算、、

 

てな感じで筋肉痛やら疲労やらで

朝起きるんクソだるかった!笑笑

2人とももうちょっと寝させて状態。

 

ただ天気は抜群に良かった、

真っ暗な部屋の隙間から入る陽の光。

窓を開けると心地よい風にあおがれる。

 

ただ地平線はガスのような霧がかかってて

綺麗には見えんかった。

けど空は晴天。

朝飯はホテルの屋上でオムレツ(50ルピ)と

具材たっぷりピザ(100ルピ)

昨日食べたんよりちょーおいしいかった!!

 

日差しがあつくなり部屋に戻ろうとした時

チェックアウトの時間を時間を聞いたら

10時だそう。

現在の時刻9:53

 

 

間に合うかいな。笑笑

 

結局大急ぎで10分遅れで出ても

なんも怒られず、バックパックまで

メヘランガール城を観光中は預かって

もらうことに。優しいね。

 

このホテル立地が最高で、

出るとすぐに城への入り口につながる坂道。

疲労の残る脚を働かせ、

到着した入り口ゲート。

f:id:IPPO:20190321103123j:image

城壁の高さに圧倒される。。

f:id:IPPO:20190321103153j:image

学生証を見せて(国際学生証じゃなくても

日本の写真付きの学生証でいけました)

日本語の音声ガイドつきで400ルピー

結果的にはかなり安い!

 

3時間かけてじっくりまわったけど

日差しがきついきつい、

けど宮殿内は風通しが抜群によろしいので

中でゆっくり休みながら見ることも

十分できる!

f:id:IPPO:20190321104004j:image

f:id:IPPO:20190321104030j:image

Blue city と言われるこの街ジョードプル

ここからの景色はたしかに青かった。

 

中庭みたいなところで昼寝することに、

芝生の上に寝転がってポカポカしてたら

子供達が寄ってきたので、

ぷっちょをあげた、喜んだ。

するとBluetoothスピーカーを売ってきた。

交渉術も大人を見て学んでいるのか

なかなか強かった。

買わんかったけど。笑笑

 

ふと1人のインドの軍人さんが現れた。

優しく語りかけてくれた、

日本の季節はどうなの?とか

日本語って中国語とどう違うの?

日本にすごく興味を持っていた

 

最後は記念撮影をして別れを告げる

f:id:IPPO:20190321103821j:image

メヘランガール砦を下りて、クタクタなんで

ホテルのレストランでピザを1枚食べることに

朝と同じやつ。ハマってる笑笑

店員の顔がまた食べるんやったら2人前

頼まんかい、って顔してた。笑笑

(だいたい頼む時は何でも1つを2人でシェアしてます。笑)

 

小腹を満たし、いざバックパックを担いで

バス停付近まで歩くことに

約4kmの道のりはあっという間やった。

途中でチャイを飲み、ラスクを食べて

 

また歩き

道を一本外せば

インドの喧騒とはかけ離れた

静寂な空間が

そこにはある

 

そんなギャップのある空間に

身を浸らせると

目の前の景色に

音がつくだけで

こんなにも

変わるんだ

 

日本に帰ったら

静かなんかな、怖くなるんかな。

 

このインドの騒がしさが

好きになっている自分がいる。

 

次回はウダイプル 湖の街へ

 

 

 

インド旅 8日目 ジョードプル Johdpur

インド8日目ー旧市街地散策

 

昨日は移動で疲れて朝はぐっすり

窓を開けても外は曇天

なんだかあんまりパッとしない

朝を迎えた

f:id:IPPO:20190318170137j:image

 

今日はメインのメヘランガール砦

ではなく、

市の中心地にある時計台やらを見て市内散策

しちゃおう!ということで早速準備

 

朝ごはんは宿の近くの揚げ物屋さんで

食べてお供にチャイ

もう朝起きたらチャイ

のルーティンは欠かせなくなってる。笑

 

とにかく迷路みたいなこの街。笑

Googleマップ開いたりして

目的地をめざさず、時間もあることやし

思うがままに進むことにした。

f:id:IPPO:20190318170230j:image

建物は結構高くてほんまに路地が狭い

 

 

f:id:IPPO:20190318170702j:image

家の扉がなんかオシャレ。笑

 

f:id:IPPO:20190318172139j:image

階段井戸

若者の溜まり場兼観光客の休憩所

 

f:id:IPPO:20190320131725j:image

野良の子犬、超かわいい!!

 

やっとのこさで時計台に到着

この時計台、実はアニメ”ONE PIECE

のアラバスタ編のモデルになっているんです

f:id:IPPO:20190320131638j:image

後ろのメヘランガール砦も!

 

実物はめちゃちっちゃいです。笑

けど町のシンボル的存在なだけあって

人がたくさん!

バザールになってて店がいっぱい!

f:id:IPPO:20190320131800j:image
f:id:IPPO:20190320131753j:image

結構歩き回りました!

サンダルを買ったり、ラスクを買ったり

値段を聞きまくってあっちの方が安いやら

なんやらしてたらクタクタになってきた

のかと思いきや、高台から町を見下ろしたい

という発想からさらに歩くことに、、笑

 

途中、中学校かな?を横切るついでに

見学させてもらったんですが、

野良犬と目が合っちゃって、

調子乗って威嚇したら

ほんまに追いかけられて!!笑笑

 

にへいのやつ、とっさの判断で俺を軽く

突き飛ばしました。爆笑

 

焦る俺。追いかける野良犬。

あとほんとに数十センチのところまで

ガウガウ追いかけられましたが

なんとかギリギリ門の外に出れて

地元民(先生方)に助けられました。。。

 

ほんとに狂犬病怖いから

噛まれたくない一心で逃げました。笑

 

にへいはとっさになると

人を裏切ることを覚えた。笑笑

覚えとけよほんまに。笑笑

 

そんなハプニングも2人でゲラゲラ

笑いながら歩いてると小学生くらいの子供達が

池で水切りをやってるじゃないですか!

投げて投げて!ってグイグイくるので

多少の違和感を覚えながらも投げて

遊んだ後は写真撮って!!って。。。

もう半分気づいてはいましたが

サクッと写真を撮って帰ろうとした途端

f:id:IPPO:20190320131515j:image

 

子供達はチップチップ!!

と声を大にして迫ってきます。

違和感の正体はこれでした

 

正直いかにも怪しかった笑

なんか投げても接待されてる感したもん

チップなんかくれてやるか、ってな感じで

去ろうとしたらめちゃ追いかけてくる、

しかも女の子なんか石投げてくる!!

 

むちゃくちゃや!!笑

 

小走りで逃げ去ってさらに街のディープな

方に進んでいきます。

(観光客の来なさそうな方)

するとひときわ背の高い建物が、

住人の人に許可をもらい

 

上に上がると靴を脱いでって

靴を脱いで階段を登るところは

かなり険しい。

f:id:IPPO:20190320131609j:image

上で神様を祀っているみたい。

やはりそんな神聖な場所な分

見晴らしのいいとても素敵な場所でした。

f:id:IPPO:20190320131550j:image

 

 

帰りにスパイス屋さんでマサラチャイ用の

スパイスを100g70ルピーで買い、

f:id:IPPO:20190320131832j:image
f:id:IPPO:20190320131840j:image

 

夜ご飯はいつもより豪華にレストランへ行き

屋上でライトアップされた砦を眺めながら

ピザとカレーを食べました!

贅沢にも2人で500ルピー(750円)越えの夕飯

普通やったらありえへんけど

今日ぐらいはいいっか!

 

f:id:IPPO:20190320131859j:image

そんな最強に美味しい夕飯を食べ、

明日に備えたのでした。

 

インド旅7日目 ジャイサルメールからジョードプルへ

いつのまにか眠っていた自分、

にへいに起こされて、

のそのそと起きると、もう

朝日が昇るところだった

 

少し砂漠を歩き

朝日の見やすいポイントに着き

日を浴びた

f:id:IPPO:20190316151754j:image

 

力強い日光が体に当たっていた。

f:id:IPPO:20190316152004j:image

f:id:IPPO:20190316152240j:image

ちょっと遊んでみたり。

 

日もすっかり登るとジープが

迎えにきて撤収!

砂漠の睡眠はブランケット2枚くれたので

全然寒くなかった

 

最後にホテルをチェックアウトし、

車で市内に送ってもらうことに、、

 

ただ運転手にTripAdvisorに口コミして

評価をしてって言われたのをちょっと

渋ってたら機嫌悪くして

車内の雰囲気は最悪やった笑笑

Are you happy??って何回も聞いてくるし

やたら音楽の音量ガンガンにあげてくるし!

笑笑

 

ホテルに戻ったら

ランチを無料でご馳走になり

ゆっくりしてから夕方発の電車で

ジョードプルへ移動!!

 

電車の中ではみんな寝てんのに

楽器演奏して歌歌うおっちゃんとか

大声で呼びかけてチャイ売る人

おったり、夜の時間帯とか関係ない!笑

それがおもろくておもろくて笑笑

 

そんな中にへいは爆睡してました。笑

 

f:id:IPPO:20190318161129j:image

三段ベッド式、結構硬いけど十分寝れる

f:id:IPPO:20190318162003j:image

通路は人1人が通れるぐらいで

ベッドの長さは180cmぐらいかな?

んでバックパックは一段目の下にいれて南京錠

してます

 

 

着いたのは夜の11時ごろ!

駅でシャンティーとそうごとお別れして

俺らは夜飯にチーズ入りカレーと

ナンをテイクアウトして

予約してた宿へ!

 

名前はHill view guest house

一泊2人で500ルピー(750円)で

ジョードプルの名所メヘランガール砦の

すぐ麓にあるので坂道をしっかりと登った

所にあります。笑

 

夜遅くについたこともあって

トゥクトゥクのにいちゃん達は

大きなバックパックを担いだ日本人は

カモにしてやろうとどんどん来る笑

 

駅前は特にひどいのですが、

少し駅から離れて歩いてたら

そうでもなくなる

流石に長距離移動してすぐの客引きは

うっとうしいです笑

 

宿に着き、

チーズ入りカレー

といってもチーズ(インドでpaneerという)

は結構かたくて歯ごたえのある食感で

味はほんのりするぐらいのチーズなんです

とろけるチーズとは全然違います、笑

f:id:IPPO:20190318162602j:image

さらにパクチーの効いたルーになっていて

それがめちゃくちゃ美味しいんです!

それをナンにつけて頬張ります

だいたい350円ぐらいで2人のお腹が

パンパンに。

てか明日の朝胃もたれそうやなって

ぐらい食べました。笑

 

インドでの食事が自分たちに合うのは

ほんまに嬉しいですね!

食事が毎回超楽しみ!!

 

明日は街歩き。

 

 

インド旅 6日目 ジャイサルメール Jaisalmer

 朝起きたのは

朝日が昇りきってしまってからだった。

 

朝ごはんを食べ、

チェックアウトを済まし

 

午後1時からのキャメルサファリのツアーを

ただ待っているのも暇なんで

街中散歩へ。

 

向かった先は

昨日街中を歩いてた時に見たタクシーの

運ちゃんの休憩所

そこでトランプをしてたのが

おもろそうやったから

 

今日はそれに参加することに。

トランプを持参して行ったが誰もおらん。笑

 

「昨日ここでトランプしてた人達

今日はやってないん?」

「仕事してる」

そりゃそうか。笑笑

だけど

「こいつらがトランプしたいってよ!

俺ら暇やしやろーぜ!」

みたいに声をかけてくれて

結局めっちゃ集まった。笑笑

 

始まったトランプゲーム

1時間半ぐらいやって改めてわかった

 

インド人

めちゃくちゃや。笑笑

 

ルールはなんとなくあるんやろうけど

順番とかルールの統一とかぜーんぜん。笑笑

やから俺らは、えっここでこれ出せるん!?

みたいな感じの連続で最後まで

ルールが一切

わからんかった笑笑

 

でもみんな楽しそうに勝ちにこだわって

必死にやる雰囲気がめちゃ楽しかった

大声で怒鳴って喧嘩してたり、

人をしばいてたり。笑

 

見てるだけで爆笑

 

写真撮れんかったんが残念だった

時間を潰してホテルに帰ってお昼ご飯

 

食べたらいざキャメルサファリへ!

 

ジープに日本人のシャンティとそうごと

運転手の人の計5人で約1時間半ぐらい

でより砂漠に近いホテルに着いた

 

少し休憩してから

スマホや電子機器類をジップロックに入れ

(砂まみれにならんように)

子供達のところに行き

4人ラクダ使いの子供たちが同行

してくれた

f:id:IPPO:20190315004253j:image

 

ラクダに乗ったのは初めてで

意外と高い!!

立ち上がる瞬間は落ちそうになる笑

f:id:IPPO:20190315004224j:image

f:id:IPPO:20190315004517j:image

 

子供達に話を聞くと15歳、最年少は10歳

学校が終わってからラクダ使いの手伝い

をしてるらしい

子供達も楽しそうに連れてくれる!

f:id:IPPO:20190315004315j:image

 

草の生えてない真の砂漠に着くと、

ラクダを座らせて子供達と遊ぶことに。

 

メーーーチャ元気笑笑

走っても走っても疲れない彼らは

自分の体力のなさと老いに近い何かを

感じさせてくれた。泣笑

f:id:IPPO:20190315004325j:image

はしゃぎ回ってたら日がもう落ちそうに。

子供達も予定以上に白熱して遊んじゃったよ

みたいな顔してた。

 

急いでサンセットビューポイントへ

波打った砂漠でラクダが走ると

すごい振動が、、!

 

日の角度が落ちて

砂の影が伸び、だんだんと暗くなるのを

感じ、その時間にみんなそれぞれ浸っていた。

f:id:IPPO:20190315004409j:image

そんな時間もあっという間に過ぎ、

暗くなったら危ないので

急いで帰宅。

別れ際にチップを要求されたが、

子供達には喜んで渡せた。

 

ホテルに戻り、伝統舞踊をみて

晩御飯はブッフェ形式

腹パンパンになるまで食べた。

f:id:IPPO:20190315004425j:image

そして夜9時ぐらいに砂漠で寝るか

ホテルで寝るか聞かれたんで

「砂漠で!」即答だった

 

ジープに4人分の布団を詰め込み

砂漠のど真ん中へ、

布団を敷いてブランケット2枚に包まれたら

全然寒くない!

 

超心地よい。

風の音だけ聞こえる。

空は星空でキラキラ輝いて見えた

周りの光はほぼゼロに近いので

これほど綺麗な星を見たんは

船の上以来。

 

でも砂漠の真ん中で4人で寝ている

この経験は一生忘れられない

ものとなったに違いない。

 

興奮してなかなか寝られんかった

星を眺めるだけなのに飽きなかった

 

気がつくと目を閉じていた。